福井県福井市蒲生町にある無名滝。
国土地理院の地図には、足見滝の上流に滝マークがある。
足見滝には何度も行っているが滝上はこれまで気に留めていなかったので、
実際どうなっているのか確かめようと探索行に出掛けた。

地形図を見ると距離は近いがかなり急峻な地形であることが分かる。
現場を見ると足見滝の右岸、左岸ともにここをか?と思ったが、
結局左岸の落石防止ワイヤーを頼りに崖を登ることにした。
急斜面と言うよりもはや崖で落石防止ワイヤーが張られているのも必然、
当然足元は崩れやすくワイヤーもふわっと覆っているだけでフラフラする。
いろんな緊張感いっぱいで巻き上がると足見滝の落ち口の上に出た。
20170325_001
その先には砂防堤が二段あり両方とも左岸から巻き、
二段目の砂防堤の先を右に回り込むと目の前に滝が落ちていた。
20170325_002
全部で大小五段からなる滝で総落差は30m程であろうか。
ただ下から見上げると左に回り込む形の連瀑であるため、
五段全部を一度に見ることは出来ない。
上段に行くには急斜面のトラバースがあるので大変危険である。
備忘録の都合上、足見上の五段滝とさせて頂いております。

一段目と二段目
20170325_003
一段目から三段目までの全景
20170325_004
二段目と三段目
20170325_005
四段目と五段目
20170325_009
フォトジェニックだった四段目
20170325_006
20170325_008

MC560375004
170325