和歌山県古座川町松根にある崩ノ川の滝。
県道44号線から崩の川林道へと入りダートを600mほど走ると右手に大岩があり、
滝はその大岩の裏に落ちている。
20170504_015
大岩の少し手前に道幅の広くなっている所がありそこに駐車するが、
ちょうどその場所から沢に下りて行ける。
滝前へはすぐだが、沢を歩く必要があるため足元は沢靴が望ましい。

落差は7mと言われるが滝のすぐ下で小さく二段になっており、
滝右岸は大きく祠状にえぐれた形になっていて、
その立体的な造形に落差以上の迫力を感じてしまう。
20170504_017
20170504_016

20170504_018
20170504_019

MC615388754
170504