栃木県日光市中宮祠にある日本の滝100選のひとつ華厳の滝。
あまりにも有名なこの滝は「日本の滝100選」のひとつと言うよりその筆頭とも言える滝。
この滝は那智大滝、袋田の滝と並び日本三名瀑に数えられる。
それに霧降の滝、裏見滝と併せて日光三名瀑のひとつ、
また湯滝、竜頭の滝と並んで奥日光三名瀑のひとつにも数えられる滝でもある。
またまた日光、奥日光の三名瀑を合わせて日光五名瀑なんて言われ方もするらしい。
それほど華厳の滝は滝の中の滝と言うか、代表格なんだろう事は十分すぎるほど伝わるが、
日本人?は何かとベスト3が好きだなと思ってしまう。

壮大にして荘厳。
まさにそんな形容詞がふさわしい、身震いするような素晴らしすぎる滝姿。
その落差は97mと言われ、毎分2トンとも言われる水量は美しい虹を作り出す。
滝代表であることを誰もが認めざるを得ない、そんな堂々たる風格である。

そんな超が付くほどに有名滝である為に、その観光客たるや半端ではない。
この日は朝一に並び、観瀑台に行くための始発のエレベーターに乗った。
そのお陰で十分に撮影と観瀑を楽しむことができた。
実は前日昼過ぎに通った国道120号線は、華厳の滝近くで大渋滞を起こしていた。
何とか駐車場にたどりつけたとしてもエレベーター待ちの行列は必死、
そして観瀑台に立てたとしてもまともに滝見を楽しむことすら危ういと思われる。
これが紅葉の時季ならと思うとさらにゾッとしてしまう。

滝人としては一度は見ておかないといけない華厳の滝。
これは自分にとってのひとつのチェックポイントだったのかも知れないとそう思った。

撮影機材:Panasonic LUMIX DMC-FT20






撮影機材:Panasonic LUMIX DMC-GH2 / LUMIX G VARIO HD 14-140mm