岐阜県高山市上宝町鼠餅にある沢上谷。
「沢上谷」と書いて「そうれだに」と読む。
ここには素晴らしい滑床が延々と続いている。
そしてその特徴的な滑を流れ落ちる美しい滝が点在している。
今回この岐阜の誇る滑床を滝のお仲間と沢歩きして来た。

気温も暑い位に上がっている6月最初の日曜日。
沢の水も冷たいこともなくとても快適であった。
この滑床はそんなにツルツルとすべる訳でもなく歩きやすい。
今回シェイクダウンとなったアクアステルスソールの沢靴は概ね好調であったが、
調子に乗って気を抜いて歩いていると何度かつるんとやられた。
このソールはどうやら赤いコケがかなり苦手なようだ。
ちなみにフェルトソールの皆さんは何事もなく歩いていた。

主に大小4つの滝を巡ってきたが、
途中には無名の小滝や、美しい沢の流れをいくつも見る事が出来た。
この滑が作り出す独特の風景に完全にはまった。
一度来た位ではぜんぜん足りない、何度でもここに来たいと思ってしまった。

撮影機材:Panasonic LUMIX DMC-LF1

五郎七郎滝


五郎七郎滝左岸上段の滝


小滝が連続する沢を歩く




岩洞滝


蓑谷大滝


蓑谷小滝


最後まで滑床歩きを満喫させてくれる