群馬県吾妻郡草津町にある日本の滝100選のひとつ常布の滝。
この滝は100選滝の中でもっとも見てみたかった滝で、
とうとうその念願が叶って常布の滝に会えたのである。

写真では何度も見た滝であるが、やはり実際に対峙してみるとその素晴らしさに鳥肌が立った。
毎回滝前に立つといざ撮影とばかりにいそいそと準備するのだが、
この常布の滝はそうはさせてはくれなかった。
まずは滝姿を見てジーンときてしまい、今年たしか三度目となる滝見で涙である。
これまで色々な滝を、それぞれが持つ美しさを感じながら見て来たつもりであったが、
こうまで圧倒的に理屈のいらない波動砲のような感動をどーんと一瞬で感じたことはない。

温泉成分によるものと思われる独特の岩肌に潔い直瀑はあまりにも美しすぎる。
そして周りを取り囲むようなおどろおどろしい岩盤にも当然ながらラブ。
常布の滝を見てはっきり分かったのは、やっぱ直瀑好きだわと言うこと。
飯で言えば断然白ご飯と言うこと。
もうどれだけ居ても時間が足りない常布の滝、私のお気に入りナンバーワンである。

後になってしまったが、滝つぼまでのルートは簡単な気持ちで行けるものではありません。
もちろん簡単な装備や技術でも行けませんので安易に近付かないで下さい。
この記事を読んで現地に行かれても、当方には一切の責任は負えません。

撮影機材:Panasonic LUMIX DMC-G5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm