宮崎県児湯郡都農町川北にある日本の滝100選のひとつ矢研の滝。
都農インターを出て右折し県道40号線を走る。
しばらくで県道307号線への分岐があるので尾鈴キャンプ場を目指す。

滝へは九州自然歩道と書かれたトレッキングコースを歩いて行く。
矢研の滝前の立入り禁止の看板までは駐車場から15分ほど。
遊歩道から矢研の滝まではゴロゴロとした岩の沢を歩く事になる。
距離はないがとても滑りやすく、アクアステルスの沢靴でも役不足を感じた。
沢靴でなければまともに歩けないと思われ、立入り禁止もなるほど頷ける。
滝前に行くには断然フェルトソールがお勧めである。

落差は73mと言われそれだけ聞いても豪瀑を連想させるが、
矢研の滝は幅も広く、見事な柱状節理の岩肌を流れる豊富な水、
滝の下流に広がる流れと、そこに転がるごつごつとした大岩が一体となり、
水飛沫とそれに伴う風圧とが圧倒的なスケールで迫ってくる。
お陰でレンズは濡れっ放しであるが、感動が止まらない素晴らしい滝である。

撮影機材:Panasonic LUMIX DMC-FT20


撮影機材:Panasonic LUMIX DMC-GH3 / M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm




矢研の滝までのトレッキングコースの途中にいくつかの滝を見る事ができる。
名前のあるのは支流の若葉の滝だけだが、あとふたつ無名滝があった。

撮影機材:Panasonic LUMIX DMC-FT20




若葉の滝
撮影機材:Panasonic LUMIX DMC-GH3 / M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm





MC219731031 150502