青森県十和田市奥瀬にある日本の滝100選のひとつ松見の滝。
国道102号線沿いの奥入瀬渓谷を過ぎ十和田湖温泉方面に向かう。
すると黄瀬バス停の少し先に左側に道路がある。
少し開けていて奥には公衆トイレもあるので注意しながら走ればわかると思う。
トイレの横に2台程の駐車スペースがあり、今回はそこに止めて歩き出した。

松見の滝へ行くにはここから長い林道歩きが必要である。
もう一つ、蔦沼林道を車で走りその先から歩く時短コースもあるようだが、
蔦沼林道自体どうなっているのか不明でありここは急がば回れを選択した。
林道は車も通れるが工事車両以外は通行止めでゲートには鍵が掛けられている。

撮影機材:OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough


林道を歩き始めて約50分で二股の分かれ道に着きここは右へ向かう。
撮影機材:OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough


さらに30分程で(株)コバヤシさんの社有林ゲートが現われる。
撮影機材:OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough


その社有林ゲートから約25分で林道から左側の山道に入る分岐の所にたどり着く。
林道には横断幕が掲げられておりすぐに分かる。
撮影機材:OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough


ここからは山道で、急なつづら折りの斜面を降りて行けばやがて現れる松見の滝。
長い歩きの末の感動のご対面である。
滝までは片道およそ9km、高低差は400m以上ある。
トータルの所要時間は往路はちょうど2時間、復路で1時間45分だった。

落差は90mと言われる二段になって落ちる滝。
上段、下段と趣のことなる流れを見る事が出来、
切り立った岩壁の両岸には滝名の由来となった松が自生している。
ビューポイントは限られるが美しい景観の中の滝はとても迫力があり感動する。

撮影機材:Panasonic LUMIX DMC-GH3 / LUMIX G VARIO HD 14-140mm









MC612822279 150922