長野県下高井郡木島平村にある樽滝。
木島平村観光協会のHPによれば、
「樽川上流に不動明王を祭る神社があり、そのすぐ下流にある滝が雄滝、
さらにその下流にある雌滝のふたつの滝を総称して樽滝と呼びます。
その上にある水力発電用水の余水が高さ50mの岩盤から滝となって流れ落ちるのも
いつのまにか樽滝と呼ばれるようになりました。
今では年に二度、5月8日の玉滝不動明王の例祭の日と、
10月の第4日曜日しか流れないので幻の滝と言われています。」
となっている。
と言う事で、その幻の滝を一目見ようと行ってきた。
場所は国道403号線沿い滝見橋の所。
車も多く、交通整理もされているので行けばすぐに分かる。

人工の滝と言うジャンルは普段は気に留めることはないが、
実際に幻の滝を見て堂々たる滝姿に思わず声を上げた。
幾筋にもなって流れる白糸のような落水と、
それに彩りを添える紅葉が非常に美しい。
あたかもいつもそこにあるかのごとき佇まいであった。

撮影機材:Panasonic LUMIX DMC-GH3 / M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm




撮影機材:Panasonic LUMIX DMC-GH3 / LUMIX G VARIO HD 14-140mm





MC579246619 151025