宮城県仙台市太白区秋保町にある日本の滝100選のひとつ秋保大滝。
有名観光滝である為カーナビに従えば迷う事はない。
遊歩道もしっかり整備され滝前まで下りて行くことが出来る。

落差55mと言われ大きな滝つぼを持ち豊富な水を流れ落としている滝で、
滝前が広くなっているので、川に入ったりして多くの人が滝に触れ合っている。
恥ずかしながら秋保と書いて「あきう」と読むとはここに行くまで知らなかった。
ではなぜ「あきほ」ではなく「あきう」なのか、
諸説あるようだが「秋生」が転じて「秋保」になったとも言われているよう。
地名の読み方と言うのはなかなか難しいものであるが、
こうして考えてみると興味深いものがある。
20160812_019
20160812_020
20160812_021

MC464673660
160812