兵庫県神戸市中央区葺合町にある日本の滝100選のひとつ布引の滝。
山陽新幹線の新神戸駅のすぐ近くにある滝で、
駅に案内も出ており迷う事はない。
都会の真ん中、しかも新幹線の駅近くと言う事で、
車で行く身にはかえってアクセスが悪く、
この布引の滝はいつもとは別の意味で自分の中での難関滝であった。
と言う事で今回は駅前のホテルに宿泊しゆっくり眺める事にした。

訪問した日は秋雨前線の影響で雨が降ったりやんだりを繰り返す空模様で、
初めは曇り空だったが最後の方で土砂降りになり慌てて撤収。
宿泊の強みを生かし、翌日の早朝にもう一度見直しとなった。
町中の観光滝である為なんとなく箕面の滝を思い出していたら、
ここでも早朝滝前ストレッチを始める人が入れ替わりやって来るのに驚いた。

布引の滝は上流から雄滝、夫婦滝、鼓ヶ滝、雌滝の4つの滝からなる総称で、
主瀑の雄滝の落差は43mと言われ、
華厳の滝、那智の滝とともに日本三大神滝のひとつに数えられる。
まずは雌滝とご対面となるが、ビューポイントは正面の橋からのみで
草木が邪魔になりスッキリとした姿を見る事が出来ない。
20160922_001

次は鼓ヶ滝だが観瀑台からチラッとみえるのは横顔のみで、
こちらも草木でまともに見えやしない。
20160922_002

最奥にあるのは主瀑の雄滝と夫婦滝の連瀑で、
下流の夫婦滝は観瀑台からの俯瞰となる。
20160923_001
20160923_002

地質的には花崗閃緑岩と言われる白っぽい岩盤が特徴的で、
そこに流れる雄滝は非常に美しい。
すぐ横に新幹線が走るロケーションとはとても思えない景色であった。
20160923_003
20160923_004
20160923_005

MC12428117
160922