島根県隠岐郡隠岐の島町にある日本の滝100選のひとつ壇鏡の滝。
壇鏡の滝は隠岐の島にある滝である為フェリーで島に渡らなければならない。
この日は日帰り弾丸ツアーで訪島したのであるが、
フェリーの時刻の関係から島に滞在できる時間は3時間45分。
松江にある七類港から隠岐汽船のフェリーに乗り隠岐の島町の西郷港に行くのだが、
片道の乗船時間は2時間25分もある。
20161008_007

早くに七類港に着いていたので乗船の列の先頭近くに並んでいたが、
いざ乗船が始まるとみな急ぎ足で船内に乗り込んでいく。
何を慌てているのかと思えばそれは場所取りであった。
二等客室での船旅だったのだがカーペットが敷かれただけのフリースペースである為、
窓際からどんどん場所が埋まっていき、多くが場所確保早々に寝転がる。
この日は三連休の初日と言う事もあってかお客さんも多そうで、
初めにぼけーっと座っているとどんどん人が入って来るので、
後からでは寝転がるスペースを確保できなくなる事にやがて気付いた。
寝てらんないだろうと思いながら早速寝転がってみたが、
何の心配もなく隠岐の島に着くまで爆睡していた。

西郷港に到着してからは頼んでおいたレンタカーで出発である。
今回は隠岐の島経験者であるホージローさんがいるので心強い。
と言うことで迷うことなく壇鏡の滝に到着した。

駐車場のすぐ先にある鳥居をくぐり少し歩けば、
岩壁をまとうように建てられている神社の両脇に流れる雌雄のふたつからなる滝が現われ、
落差40mと言われる滝と迫りくる岩壁とが一体となり荘厳さと迫力を感じさせる。
普段から水量に難のある滝で知られているようで、
この日は台風後と言う事もあり十分に滝らしい姿を見る事が出来た。
20161008_001
20161008_002

雄滝
20161008_003
20161008_004

雌滝
20161008_005
20161008_006

MC109852177
161008