岐阜県高山市高根町野麦にある嶽谷滝。
国土地理院地図には岳谷滝と書かれている。
国道361号線を高根ダムに向かい高根大橋を渡らず、
その手前を県道39号線の野麦街道へと進んで行く。
熊野神社を過ぎ大きく左にカーブした所の先に林道入口があるのだが、
入口にはチェーンが張られ施錠されているので、
そこから約3km程ダート林道を歩くはめになる。
林道終点に着くと虹が輝く落水を遠望する事ができるが、
目指す嶽谷滝は指先ほどの大きさにしか見えない。
20161016_009

林道終点からは踏み跡も分かりづらい道なき道を進み沢を目指す。
無事沢に降り立つことが出来ればあとは遡行して行くのみなのだが、
距離的には1kmにも満たないがなかなかに時間を要する。
写真のように全景が見えるポイントまでは林道終点からおよそ1時間掛かった。
20161016_002
全景ポイントから滝前に行くにはさらに40分ほど掛かるが、
滝前の最後のトラバースが踏ん張りのきかないザレた急斜面で大変危険。
ずり落ちそうになりながらどうにか乗り越えて行けば感動の最接近である。
大きくは二段になって流れる滝水は抜けるような青空をバックに虹を従え、
そのあまりの迫力に言葉を失いただ自然と叫び声をあげてしまう。
裏見もできる素晴らしすぎるロケーションで存分に滝と一体になれる。
ハイコントラストで写真は冴えないが、晴れの似合う怒涛の大瀑布である。
20161016_003


20161016_004

20161016_005

20161016_006

MC620173649 184
161016